住宅ローンの審査基準が甘いところは?

住宅ローン審査基準が甘いところってある?

見出し

住宅ローン審査基準が甘い銀行とは?
矢印

住宅ローン審査に通らなかったので基準が甘い(緩い)ところを探しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、現実はそう甘くはなく、審査に通りやすいところというのは存在しないと考えたほうが良いようです。

 

審査に通るために大事なポイントはそれぞれの金融機関、そして住宅ローンによって審査基準が異なるということ。ひとつの銀行に絞るのではなく審査に通らなかった時のことも考えて複数の銀行に申し込みをすることをおすすめします。

 

また、公的ローンとして仕組みが大きく異なるフラット35は独自の審査基準があるとされています。ですから、年収や勤務先、契約社員などの問題で一般の住宅ローンではどうしても通らなくて困っていると場合にはフラット35を申し込んでみるというのも非常に有効な手段です。また、フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関がコラボして貸し出すというその仕組み上、審査が甘くなっているのではないかという指摘がされたことも覚えておきたいところです。

 

 

カードローンや消費者金融の借り入れは不利?
矢印

クレジットカードでのキャッシングやカードローン、消費者金融からの借り入れは、あなた個人の信用情報として不利になるのは間違いありません。住宅ローン審査に申し込む際にはできるだけそういった借り入れは完済しておくことが大事になります。また返済履歴に延滞や事故情報がないことも重要ですから普段からその点にも注意を払っておきましょう。基準が厳しい場合にはクレジットカードのキャッシングの与信枠があるだけで不利になり審査に落ちることもあるといわれています、申し込みの前に不要なクレジットカードを解約しておくというのも審査に通るコツの一つです。

 

 

住宅ローン審査に通らないのはなぜ?
矢印

住宅ローンの年収や勤続年数、教育や自動車ローンなどの借り入れなどに関する基準はどのようになっているのでしょうか?一般的な目安として、勤続年数は3年以上・年収は300万円〜400万円以上・団信保険料に加入できる健康状態というのがいわれています。まずはこの基準を満たしておくことは言うまでもありません。そして、返済負担比率も大事。全ての借入の返済額が年収のどれだけの割合になっているのかということに注意しましょう。完済まで安定して返済し続けることができるかどうかが重視されるのです。

 

条件のよい住宅ローンがふえてきたことで逆に審査基準は厳しくなってきているといわれる現在、しっかりと自分の条件を見直して申し込みを行いましょう。

住宅ローン審査基準甘いおすすめ銀行ランキング!【2017年11月版】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 安定かつ継続的な収入があること
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 5つの団信保険から選べる充実保障
  • じぶん銀行口座が無くても申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


サムネイル
  • 最安水準の低金利が魅力
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借り手の側に立ったサービスを実現
  • 団信生命保険料無料・全疾病保障料無料
  • 充実した保障とサービスで高い評価
  • コンビニATM利用手数料が月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借り入れ金額の2%+税
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • フラット35最低水準の金利を実現
  • 手数料を含めた諸費用も最低水準
  • 保証料・繰上げ返済手数料が0円
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • ネット利用繰り上げ返済は10万円〜
  • 日本全国どこでも借りられる
  • 返済口座を楽天銀行に指定で手数料が1.08%に
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • イオンでの買い物が毎日5%オフに
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 全国110店舗以上365日年中無休で対応
  • 8疾病保障付き住宅ローンもあり
  • 定期預金金利優遇・WAON等の特典あり
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み


サムネイル
  • 前年度年収300万円以上が収入の条件
  • 金利・手数料トータルでお得な住宅ローン
  • 事務取扱い手数料54,000円〜162,000円
  • 団信保険料無料・保証料無料
  • 将来のリスクに備える安心パック登場
  • 手厚いサポートと充実したサービス
  • 6つの手数料0円でお得
スペック 矢印 申し込み


住宅ローン審査基準厳しいポイントとは?【借り入れに必須の条件!】

専門家

マイホームなどの不動産を購入するときに、多くの方が利用する住宅ローン。

 

民間の金融機関や住宅金融支援機構などの公的機関が取り扱うものなど、さまざまな種類のものがありますが、どの金融機関でも借り入れの申し込みをした際には審査を受け、それを通らなければ融資を受けることはできません。

 

では、一般的な住宅ローンの審査基準とは、いったいどのようなことをチェックされ、どのような点が厳しくなっているのでしょうか?

 

わたしたちが民間の金融機関で融資を受ける場合には、同時に金融機関が指定する信用保証会社による保証を受けることを前提としています。

 

そのため、住宅ローンを借りるときには金融機関の行う事前審査とほかに信用保証会社による本審査受けなければいけません。

 

住宅ローン審査基準は、それぞれの金融機関によって大きく異なっていると言われていますが、一般的には担保として抵当権を設定する建物ついての「物件審査」と、借り入れを申し込む人に対する「人物審査」の2つにわかれています。

 

まず、建物に関する条件ですが、ここでは建物の建築基準法への適合の可否が検討されます。これは万が一、返済ができなくなってしまったときに銀行が担保物件である建物を売却して返済に充てるためで、この時点で建築基準法に違反している場合には融資が行なわれません。

 

またフラット35を借りる場合にはフラット35の建築基準を満たしていなければ借り入れできません。さらにフラットの場合には、3段階の物件審査に通過する必要もあります。

 

図面上でも違反があるかどうかを確認されますので、建物が違反していないかどうかきちんと注意をして調べておくことが重要です。また、その建物自体の価値、物件評価での担保価値と土地の持つ価値がポイントになってきます。

 

また「人物評価」については、申し込み者の属性などに関して審査が行なわれます。

 

基準となるのはあなたの勤務先や勤続年数と雇用形態・年収・預金等の資産状況・社会保険の加入状況・健康状態、これまでのローンの返済状況など。申し込み者が長期間にわたって安定してきちんとローンを完済できる人物であるかどうかを見極める調査が行なわれます。

 

またこうしたポイント以外にも、たとえば一般的な住宅ローンの場合は、団体生命保険へ加入できることが融資の条件となっている場合が多いため、生命保険に加入できるかどうかを調べなければなりません。

 

年収や返済負担率は通っているのに健康問題で団信生命保険に加入できないために審査に通らないということも実際にあります。借入れ金額が多い場合には、実際に健康診断を受けて団体信用生命保険に加入できるかどうかを調べなければいけない場合もあります。

 

次に、申し込み者と連帯債務者は必ず信用情報センター機関を通して、銀行やクレジットカード会社・信販会社・リース会社などの借り入れ状況を調査されることになっているのです。

 

ここで支払い遅延や滞納などの金融事故が発見されると住宅ローンの融資を受けられなくなる可能性があるということも覚えておきましょう。

 

住宅ローン審査基準は、それぞれの金融機関によって異なっているものの、一般的にはこうしたことを目安として行なっていることが多いようです。

 

これからスムーズに融資を受けるためにも、こうした条件を頭に入れておき、できれば数年前からきちんと考えて、ローンの返済などを行っておくことをおすすめします。。

住宅ローンの個人審査の基準はどうなっているの?【具体的に教えて!】

個人

住宅ローンは申し込めば誰でも借入れできるものではありません。本人は、大丈夫、問題ないと思っていても、金融機関の審査基準を満たさなければ、絶対に借入れることはことはできません。

 

住宅ローン審査基準には、大きく分けると個人に対する基準と物件に対する基準の2種類があります。ここでは、借り入れを希望する個人、つまりあなた自身に対する一般的概要について触れます。

 

金融機関や種類によっても異なりますが総合評価になりますので、どれかの項目が少々悪くて条件を満たしていなくても他がよければ通ることもあります。また逆に金利や手数料が低く条件がいい銀行の場合にはひとつの審査基準を満たしてないだけで落ちてしまうこともあります。

 

また、各々の金融機関ごとに何を重視するのかが違っていますので、ある金融機関では借入を否認されても、他の金融機関では通ることもあります。審査で重視するポイントが違う場合には

 

人物に対する評価としてはまず主に次の5項目が重視されます。

 

  • 年齢
  • 返済負担率
  • 勤続年数
  • 年収
  • 個人信用情報

(ウエイトとしてはこれらに担保評価額を加えた6項目で8割くらいになります)

 

さらにチェックされる項目としては、

 

●取引情報
●健康状態
●雇用形態
●勤務先状況

 

が挙げられます。

 

これら以外にも、下記の項目にも注意が必要です。

 

●年齢
借入れ時より完済時の年齢が重視されます。定年前にローンが完済されるのが理想的です。

 

● 返済負担率
年収に対する1年間の返済金として支払う金額の割合です。これは、現在抱えているローン全て(自動車、教育ローン、ショッピングのリボ払い、キャッシング等)を合計した支払返済額の年収に対する割合です。

 

このとき、注意が必要なのは、クレジットカードについているキャッシング枠です。このキャッシング枠がある時点で全て負債とみなされることがあります。

 

実際には1円も借りていないのに、借入金の扱いになってしまい、支払返済額の中にカウントされてしまうこともあるようなので、不要なクレジットカードについては、解約しておく方が無難です。

 

返済負担率は一般的には、税込み年収の25%以内が基準となります。年収に応じて、35〜40%くらいまでという上限の設定をしている銀行もあるようです。

 

● 勤続年数
一般的には、3年が基準となるようで、5年、10年と有利になっていきます。金融機関によっては、1年でも承認になることもある一方、3年未満では申し込みもできない金融機関もあるようです。

 

● 年収
返済負担率にも関わってきますが、最低でも200万〜300万円ないと審査対象外となります。(金融機関によってばらつきがあります)できれば500万円以上、理想は700万円以上です。

 

同居している正式な夫婦である場合、収入合算という方法もありますが、この収入合算については各金融機関で個別に様々な規定がありますので、申し込む各金融機関での確認が必要です。

 

●個人信用情報
万一、過去に延滞したことがある場合には、5年間程度はその記録が残っており、借入れすることは難しくなるでしょう。また、他の借入れがあることもわかってしまいますので、ショッピングローンやリボ払い、キャッシングなどの残高があれば隠さずに申し出をしておきましょう。

住宅ローン物件審査の基準は?【担保評価額とは?】

物件

住宅ローンにはその額の大きさから、厳格な審査基準があり、いくつものチェック項目が存在し、借り入れのためにはそれを満たす必要があります。

 

年収や年齢、過去の信用情報や勤務先など、一見、特に何も問題はないと思われる場合でも、金融機関が認めなければならないのです。

 

ここでは、物件に対する基準の一般的概要について触れます。人物に対する評価と同様に総合評価になりますので、1つの項目の評価が悪くても、他の項目がカバーできるようであれば通過となることもあります。

 

また、金融機関によって重視するポイントが違っていますので、ある金融機関では否認されても、他の金融機関では通過することもあります。

 

 

●本人が住むこと
これが、原則となります。(ただし、金融機関によっては、セカンドハウス等にも対応)

 

● 土地だけでは不可
建て売りのように土地と建物のセット、もしくは、その土地上に住宅を建築することを条件に借入れ可となります。

 

● 担保評価額
不動産などの物的担保に、客観的に融資額に見合う価値があるかどうか評価し、価格で表したのが担保評価額です。

 

したがって、新築・中古の別、一戸建て(土地付)か否かによって大きく変わってきます。傾向として、土地の価値は下がりづらく、一戸建ての場合は中古であっても極端には下がりづらいようです。

 

○ 新築の建売物件の場合
購入価額を担保評価額としていることが多いようです。この場合ほぼ、購入価額の100%の金額までの借入れ可能です。

 

○ 建物建築の場合
一般的に、建築請負契約の価額を担保評価額としているようです。この場合ほぼ、建築費の100%の金額までの借入れが可能です。※土地が本人の所有ではない場合(借地権、定期借地権等)借入れが難しくなうこともあるようです

 

○ 中古一戸建ての場合
購入価額を担保評価額としていることが多いようです。ただし、建物があまりに古い場合には、土地だけの評価額となることもあり、購入価格の100%にならないこともあるようです。

 

○ 新築分譲マンションの場合
購入価額を担保評価額としていることが多いようです。この場合ほぼ、購入価額の100%の金額までの借入れ可能です。

 

○ 中古マンションの場合
状態によりかなり低くなることもあるようです。そのために、否認、減額されることもあるようですので注意が必要です。

 

● 法規制に抵触していないか
建築基準法の改正により、現在の法に適合しなくなってしまったということもありえます。このような場合でも、残念ながら借入れは厳しくなります。