ソニー銀住宅ローン審査基準

ソニー銀行住宅ローン審査の柔軟な対応って何?

物件
<明示された申込み条件>

 

● 年齢:申込み時に満20歳以上満65歳未満であること(完済時に満80歳の誕生日まで)

 

!!!ここがポイント!!!
労働金庫の住宅ローンより柔軟な対応になっています。

 

 

● 返済負担率:年収400万円未満の場合→30%以下、年収400万円以上の場合→35%以下

 

 

● 年収:前年度年収400万円以上(自営業の場合は、申告所得が400万円以上)

 

 

● 取引情報:ソニー銀行に円普通預金口座を保有していること

 

 

● 健康状態:ソニー銀行指定保険会社の団信(団体信用生命保険)に加入可能な状態であること

 

!!!ここがポイント!!!
保険料はソニー銀行が負担するので、実質的には保険料無料となります

 

 

● その他
・日本国籍、または永住権があること
・資金使途の対象物件にソニー銀行を第一順位とした抵当権が設定できること

 

!!!ここがポイント!!!
住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)など公的融資は、第一順位抵当権の設定が必要条件となっていますので、ソニー銀行住宅ローンとの併用はできないということになります。

 

※夫婦の連帯債務での借り入れもできます。ただし、同居が条件となります。
※親子の共有名義でご利用を希望する場合は、親および子、それぞれのご名義での申し込みをします。ただし、同居するが条件となります。
※保証人は原則として必要ありません。ただし、対象物件を共有する場合は、本人以外の共有者は「担保提供者兼連帯保証人」となる必要があります。

 

 

<資金使途>

 

本人が居住する
・新築物件の購入
・中古マンションの購入(現在、マンション以外の中古物件の取り扱いはしていません)
・住宅の新築、増改築の資金(変動セレクト住宅ローンの場合は、それに加えて取り扱い手数料も含まれる)
・借り換えの資金
※借り換えの場合は、対象となる借り入れの残存期間内での申し込みとなります。
※自宅の買い換えの場合は、融資の前日までに現在の自宅の売却、およびこれに関わる借り入れの返済を完了していただくこと、現在の自宅の売却代金からこれに関わる借り入れの返済・売却に伴う仲介手数料の支払いに充当した額を差し引いた残額の全額を、新規物件の購入に充当することが借り入れの条件となります。
※住み換えの場合は、融資の前日までに現在の自宅に関わる借り入れの返済を完了することがお借り入れの条件となります。

 

取り扱い地域:日本国内の市街化区域

 

したがって、市街化調整区域、非線引き区域などの区域および離島については取り扱っていません。

住宅ローン審査不安な方におすすめの銀行ランキング!2017年5月版


HOME 新生銀行の基準は? フラット35の基準は? 事前審査とは? 頭金はいくら?