住宅ローン人物の審査基準

人物に関する住宅ローンの審査基準は?

調査
利用するためには、必ず審査に通る必要がある住宅ローン。

 

住宅ローン審査基準は各金融機関それぞれで、しかもその内容は公表されていないものであるため、審査に通るかどうか申し込んだあとは、ずいぶんと気を揉むものなのではないでしょうか。

 

何も問題がないという方の場合は、心配することもないかもしれませんが、少しでも気になる点を抱えている方の場合は、申し込みを行なう前に審査に通りやすくするように事前準備をしておくことが大切です。

 

そこで、住宅ローン審査基準では人物に対してどのような点が重視されるのかをしっかりと確認しておきましょう。

 

住宅ローンの審査項目は、じつに多岐にわたっているもの。

 

大きくは、申し込みをした人物の属性と購入する不動産の担保価値について、総合的に判断されることになるのですが、ここでは人物に対する審査基準を詳しく見て行きます。

 

まずは申し込み者の属性についてですが、勤務先や勤続年数、年収、健康状態などのほかに、個人信用情報も審査の対象となります。

 

個人信用情報は、わたしたちのクレジットカードやキャッシングなどの利用歴が登録されているもの。

 

どの金融機関でどのくらいの借入金があるのかについて、この個人信用情報ですべて分かるようになっています。

 

過去に支払いの遅延や返済の延滞などがあった場合には、5年程度記録が残されることになり、住宅ローンの審査に厳しい影響を与えることになります。

 

他社で借り入れがあるということが原因で住宅ローン融資を断られることはないかもしれませんが、それでも融資額に影響が出ることも考えられます。

 

住宅ローンの利用を検討しているのであれば、他社の借り入れを返済して、支払いや返済に延滞が内容にしておかなければなりません。

 

次に、勤務先と勤続年数です。住宅ローンでは年収はもちろんのこと、収入の安定性を重視する傾向があります。

 

勤続年数に関しては3年以上あることが望ましいとされていますし、勤務先も大企業である方が安定性が高いと見なされ審査に通りやすくなります。

 

中小企業勤務の方や自営業の方の場合も、年収や物件の担保評価など総合的に判断されることになるので、勤務先だけで借り入れの是非が判断されるわけではありません。

 

特に自営業の方は年収の安定性に不安があるため、過去3年間の所得が審査の対象になります。この3年間はできるだけ安定した収入を得るように心がけたいところです。

 

また、健康状態についても良好な状態を保つことが重要です。

 

一般的な銀行の住宅ローンでは、団体信用生命保険に加入することを借り入れ要件の一つにしているところがあるからです。

 

中には持病のある方向けに引受条件緩和型の団体信用生命保険を取り扱っている金融機関もありますので、健康に不安のある方は金融機関に相談するとよいでしょう。

 

最後に年収ですが、最低年収は200〜300万円と規定しているところが多いようです。

 

中には400万円以上と規定している金融機関もありますので、申し込みの前に確認しておくようにしましょう。

住宅ローン審査不安な方におすすめの銀行ランキング!2017年5月版


HOME 新生銀行の基準は? フラット35の基準は? 事前審査とは? 頭金はいくら?