住宅ローン事前審査

住宅ローンの事前審査の内容は?

調査
住宅ローンには事前審査という制度があることをご存知でしょうか?

 

本来、住宅ローンは物件の売買契約を締結したあとにしか申し込めないもの。

 

つまり「このくらいの価格なら住宅ローンで融資してもらえるだろう」という見込みに基づいて売買契約を結ぶことになるわけですが、これでは資金のメドが確実に立つわけではありませんよね。

 

マイホームを購入する側としては、実際は売買契約を結ぶ前に住宅ローンでお金を借りられるかどうかはっきりさせておきたいですし、販売する側としてもお金のメドの立っていない人と売買契約を結ぶのは不安なはずです。

 

しかし、金融機関からはっきりと融資の可否についての返事をもらえるのは、売買契約を結んだあとだけ。

 

なぜなら、住宅ローンの利用申し込みには、原則として売買契約書などの書類が必要になるからなんです・・・。

 

とはいえ、お互いにどちらも資金に関する不安を抱えたままで売買契約を結ぶのはとても心配ですよね。

 

そこで、その心配を解消するために、実際の取引の場面では事前審査というものが利用されています。

 

事前審査とは、売買契約を結ぶ前のまだ正式な書類が出せない段階で「住宅ローンを借りられるかどうか」を金融機関に打診するものです。

 

この事前審査を受けるにあたっては、事前審査の申込書などの書類に記入をしなければなりませんが、申し込み者が提出する書類は身分証明書のコピーだけでよいという金融機関もあるなど、形式が比較的簡単になっていることから不動産会社の勧めなどで利用する方が多くいらっしゃいます。

 

この事前審査で出てくる結果は、あくまでも仮の結果であり、正式に申し込み手続きを行なって本審査を経なければ確実に融資が受けられるという保証はもらえません。

 

しかし、住宅ローン審査基準も明確でなく、借りられるかどうかもわからない状態のままで売買契約を結ぶことと比べると、不安はグっと少なくなりますよね。

 

マイホームを購入する側にとってもそうですが、売る側にとっても仮ではあっても資金の目途が立っているお客を相手にすることができるわけですから、売買契約はグっと現実味を増して安心して手堅く商談を進めることができるわけです。

 

住宅ローン審査基準は金融機関によってかなりの違いがあるので、この事前審査を活用することができれば最初に申し込んだ金融機関ではダメでも、次の金融機関ではOKの回答を貰えるかも、と積極的に気になる金融機関に接触することができそうです。

 

できるだけ自分の希望に近い有利な条件で住宅ローンを組むためにも、この事前審査を上手に活用するとよいのではないでしょうか。

住宅ローン審査不安な方におすすめの銀行ランキング!2017年5月版


HOME 新生銀行の基準は? フラット35の基準は? 事前審査とは? 頭金はいくら?