住宅ローン頭金

住宅ローンの頭金の割合はいくら?

リビング
住宅ローンを組む際に、よく「頭金は2割程度は準備しておいたほうがよい」と言われますよね。

 

確かに、頭金が多い方が住宅ローンの借入金額が少なく済んで返済もラクになると思われますが、実際には最近の住宅ローンは購入価格の全額を借り入れすることも可能になっています。

 

それでも、やはり頭金は多く用意したほうがよいものなのでしょうか?頭金はどの程度の額、準備するべきなのかを考えてみましょう。

 

ひとくちに頭金と言っても、このお金はどのようなものに充てられるのかをまず整理しておきましょう。

 

マイホームの購入に当たっては、物件の価格だけではなく、さまざまな費用も必要になります。こうした費用を諸費用といい、住宅ローンを借り入れする際にかかる事務手数料や物件を登記する際の登記費用、司法書士に渡す報酬などが、この諸費用にあたります。

 

一般的にはこの諸費用は頭金の中には含みません。

 

諸費用は必要になったその都度現金で支払うもので、頭金とは別に準備しておくべき費用なのです。

 

これに対し、頭金は物件価格の一部で現金で用意できるお金のこと。つまり、頭金では足りない金額を住宅ローンで賄うということになります。

 

分かりやすく言うと、頭金と住宅ローンを合わせた金額が物件価格となり、諸費用と頭金を合わせた金額は自己資金ということになるのです。

 

このように、頭金が多ければそれだけ住宅ローンの借り入れ金額を少なくできるわけですが、実際には物件価格の何割を頭金で用意すべきか、という考えよりも用意できる頭金の金額で購入できる物件価格を決められると考える方が多いのが現実です。

 

用意できる頭金に、自分が無理なく返済できると思われる借り入れ額を合わせた金額が、購入することができる物件価格であると考えて計画を進めなければ、将来返済が大変になってしまいかねないからです。

 

たとえば無理なく返済できそうな金額が3,500万円で、頭金を500万円用意できるのであれば、4,000万円の物件を購入することができるというわけです。

 

とはいえ、住宅ローン審査基準は金融機関によって異なっているため、自分が無理なく返せる金額を貸してもらえるかどうかは審査を受けてみなければわかりません。

 

また、頭金を多く用意できる人は着実に貯蓄ができる人であると金融機関が評価をし、頭金の金額の大小が住宅ローン審査基準に影響を与えることもあるようです。

 

さらに最近では、頭金が多い人の住宅ローン適用金利を少ない人よりも下げるという対応をする金融機関が出てきています。

 

こうしたことからも、物件の購入価格に関わらず頭金はできるだけ多く準備できると良いと思われます。

住宅ローン審査不安な方におすすめの銀行ランキング!2017年5月版


HOME 新生銀行の基準は? フラット35の基準は? 事前審査とは? 頭金はいくら?