住宅ローン基本

住宅ローンの基本とは?

ソファ
住宅ローンは「自分の家」を手に入れるために支払うものです。

 

家賃は大家による住居提供サービスへの対価なので、いくら払い続けてもその家が自分のものになるわけではありませんが、これに対し、契約を交わしてカギを受け取ればその家は自分のものとなり、住宅ローンを払い終われば銀行に差し押さえられる心配もなくなります。

 

ただし、支払いが苦しくなった場合、賃貸住宅であれば、もっと安い家賃の家に引っ越せばよいのですが、「自分の家」の住宅ローンの場合は、そう簡単にはいきません。

 

なので、まずは将来を見越した資金計画を立てることが第一になります。

 

ところで、昨今の金融情勢はご存知のとおりで、身近なところでは、銀行にお金を預けてもほとんど利息がつかなくなってきています。

 

これは、確かに嘆かわしいことではありますが、反面、実のところ借りたお金を返す時の利息も下がっているということもいえるのです。

 

また一方、バブル崩壊以降、住宅価格の下落が続いていることもあり、実は今、資金計画さえ立てば、「自分の家」をお得に購入する大きなチャンスともいえるのです。

 

 

ところで、このチャンス、なにも新規に住宅ローンを組もうという人たちばかりではなく、「自分の家」をもう既に購入し、住宅ローンを支払っている人たちにも訪れているのです。

 

先程、『支払いが苦しくなった場合、賃貸住宅であれば、もっと安い家賃の家に引っ越せばよいのですが、「自分の家」の住宅ローンの場合は、そう簡単にはいきません。』と書きましたが、実は住宅ローンの負担を軽くする方法は存在します。

 

それが、「住宅ローンの借り換え」「住宅ローンの組み換え」といわれるものです。

 

これにより、月々の支払額を減らしたり、住宅ローンのトータルの返済額を減らしたりすることも可能です。

 

そしてそれは特に、金利の下がっている今だからこそ、その効果は大きくなっています。

 

ただし、「借り換え」「組み換え」には、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

 

場合によっては、逆に負担を増やしてしまうことにもなりかねませんので、慎重に検討し、賢く負担軽減のチャンスをつかみましょう。

 

また、この「借り換え」「組み換え」の仕組みを知っておくことは、これから住宅ローンを組もうという人たちにも有効で、将来の「借り換え」「組み換え」を前提としたローンを組むことで、より負担の少ないローンにすることもできますので、是非覚えていただき、賢くご活用ください。

住宅ローンの総返済額とは?

ソファ
基本的に住宅ローンに限らず、借金には基本的に利息がつきものです。

 

したがって、たとえば1000万円借り、月々10万円を返済する場合、

 

1000万円 ÷ 10万円 = 100カ月 

 

で返済終了とはいきません。

 

たとえ借入額が1000万円であったとしても、

 

総返済額 = 1000万円 + 利息額

 

となり、必ず借入額より多く返すことになります。

 

そのため、この最終的な総返済額を少なくする というのが、ローンを借りる時の原則的な考えです。

 

では、最終的な総返済額を少なくするにはどうしたらよいのでしょうか。

 

総返済額は、借入額 と 総利息額の合計です。

 

このとき、借入額については一旦借りてしまえば、変えようがありません。したがって、一旦借りてしまってからの工夫の余地は総利息額を少なくすることにあります。

 

「借り換え」「組み換え」もこの工夫のうちの一つです。

 

ところで、利息は「%」や「○割○分」といった「割合」で表されています。
この「割合」のことを「金利」といいます。(特に住宅ローンでは、1年当たりの金利「年利」で表されることがほとんどです)

 

なので、

 

利息額 = 元金 × 金利(年利)
1カ月分の利息額 =元金 × 金利(年利)÷ 12カ月

 

となりますので、金利の低い方が利息額が少なくて済むのがわかります。

 

また、この時の元金は

 

1カ月目の元金 = 借入額
2カ月目の元金 = 借入額 − 1カ月目の元金返済額
3カ月目の元金 = 2カ月目の元金 − 2カ月目の元金返済額
=(借入額 −1カ月目の元金返済額)− 2カ月目の元金返済額

 

のように、だんだんと減っていくのが普通です。

 

この元金の減り方は各ローン契約の返済方法により違いがでてきますが、いろいろな返済の方法が用意されており、返済しやすくなるよう工夫されています。

 

ただ、元金が0にならない限り、利息を払い続けるのは共通ですので、元金を早く返してしまった方が、つまり、返済期間が短い方が、総利息額が少なくて済むのもわかります。

 

したがって、総返済額を減らすには、

 

方針1)借入額を少なくする
方針2)金利は低く
方針3)返済期間は短く

 

以上の方針で臨めばよいことになります。

 

特に、一旦借りてしまってからは、方針2)方針3)が重要になってきます。

 

つまり、今現在の社会を取り巻く「低金利」が図らずも 方針2)と合致しているため、「新規住宅ローン」であれ、「住宅ローンの借り換え」「住宅ローンの組み換え」であれ、総返済額の低減に有利に働くことは必至であり、チャンスといえるのです。

住宅ローン審査不安な方におすすめの銀行ランキング!2017年5月版


HOME 新生銀行の基準は? フラット35の基準は? 事前審査とは? 頭金はいくら?