住宅ローン限度額

住宅ローンはいくらまで借りられるの?

検討
そろそろマイホームが欲しい、そう考えたときに一番気になることといえば資金に関することなのではないでしょうか。

 

頭金はどの程度準備ができるのかということもそうですが、住宅ローンを利用することになったらどのくらいの金額を貸してもらえるのかをまず知ってから資金計画を立てたいと考える方が多いようです。

 

住宅ローンを借りる際には、申し込みをしたあとに審査を受けなければなりませんが、住宅ローン審査基準は各金融機関によってかなり異なっているもの。

 

一般的には申し込み者の勤務先や勤続年数・年収・購入する物件の担保価値などを総合的に判断して融資できる金額を算出していると言われていますが、申し込む前に事前に「大体これくらい融資できますよ」と教えてもらえることはまずありません。

 

では、住宅ローンを組んでマイホームを手に入れたいと考えたときには、資金計画をどう考えていけばよいのでしょうか。

 

まず気をつけなければならないのは、じつは住宅ローンでいくら借りられるかということが最も大切なことではないということです。

 

自己資金が300万円あって、住宅ローンで3,000万円借りられそうだから、3,300万円の物件が買える!という考え方は非常に安易で危険です。

 

住宅ローンは大きなお金を借りるもの。そこには当然金利がつきますし、長い時間をかけて返済を続けていかなければなりません。

 

そんな中、金融機関が貸してくれる満額を利用しようと考えると、先々返済が苦しくなってしまったり、住宅ローンの返済に全てを充てて他の趣味を諦めなければならなくなったりするかもしれません。

 

つまり、住宅ローンの資金計画を立てるときには、いくら借りられるかということよりも、いくらまでならムリなく返済できるのかということを基準に考えなければならないのです。

 

まずは家計の中から、どのくらいの金額であれば無理なく返済できるかを考えて行きましょう。まずは年収の手取り額から生活費や教育費、固定資産税や修繕費などの住宅維持費、将来に向けた貯蓄などの金額を差し引きます。

 

大まかではありますが、出てきた金額を12で割れば毎月無理なく返済できる金額を算出することができますね。

 

まずはこの毎月の返済額のイメージを持つことが大切です。次に、この金額を何年間支払い続けることができるかを考えていきます。

 

サラリーマンの方であれば定年まで、自営業の方であればリタイアするまでに完済できる見通しを立てておかなければ、返済が難しくなってしまうことも考えられますので、支払い続けられる年数はきちんと考慮しなければなりません。

 

さらにここに全期間固定金利の水準の金利を乗せて考えておくと、無理なく返済できそうな金額を算出することができます。

 

住宅ローンで借りられる金額は、住宅ローン審査基準がそれぞれの金融機関によって異なっているため、どこに申し込むかで変わってきます。

 

しかし、まずはこのように無理なく返せる金額を算出したうえで、慎重に検討して住宅ローンを選ぶことが大切です。

住宅ローン審査不安な方におすすめの銀行ランキング!2017年5月版


HOME 新生銀行の基準は? フラット35の基準は? 事前審査とは? 頭金はいくら?